窓と光と目

マニアックな話
03 /10 2017
IMG_4113.jpg
写真は田辺市文里の新築現場です!
外壁もほぼ完成。
また完成見学会も開催予定ですので
ぜひご来場ください( ´∀` )
 
さて、前回の続きですが
窓の大きさや配置などのお話。
これまたマニアックな話になります(笑)
 
よく暗いとか、暗そうだからと
大きな窓をつけたりトップライト(天窓)などを
取り付けて直射日光をいれて明るくしようとする
人は多いですが、直射日光の入れすぎも目にはよくないんです。
 
よくないというか、直射日光が多いと
逆に暗く感じてしまうんです。
 
人の目の特徴ですね。
人の眼は明るいところに合わせて見えるようになっているので
瞳孔が絞られる状態になるんです。
 
カメラに詳しい人ならわかるでしょうか?
 
明るくて瞳孔が絞られた状態で、部屋の
陰になった部分を見るとすごく暗く感じてしまいます。
 
運転するときも、トンネルに入ったときとか
トンネルから出るときって一瞬見えずらくなりませんか?
だから最近のトンネルは明るくできてるんです!
(だと思います(笑)
 
ですので、トップライト(天窓)や明るく見えるようにしたい場合は
天空光を利用するんです。
 
天空光って?ってなに??

天空光とは、大気に拡散された光のこと!

っていってもピンとこないかもですが、
簡単に言えば北側の光を取り入れる。
 
北側に窓をしても暗いって思っている方も多いですが
それはただのイメージです。
 
北側の光って穏やかで均等な光があるので
部屋も明るく見えます。
 
工場とかのノコギリみたいな屋根ってなんで
あんな感じになってるかご存知ですか?
 
天空光を入れるためでもあるんです
だから照明を使わず、均等な光があるから
節約できるって感じだと思います。
 
ですので、南側に大きな窓もいいのですが
明るく見えるのは北側などの天空光を利用するほうがいいでしょう。
 
これ実験で証明されているので、確かですよ!
参考になれば幸いです( ´∀` )
 
∞∞∞∞∞見学会情報∞∞∞∞∞∞∞
医師も薦める健康住宅 ファースの家。
◆築一年目見学会!◆
 
【日時】3月12日(日)
【時間】①10:00~ ②13:30~ ③15:30~
【場所】新潟市秋葉区川口 さつき野保育園近く
【詳細】はちむら工務店 検索

本当に快適なのか。
本当に暖かいのか。
本当に涼しいのか。
本当に光熱費がかからないのか。
 
本音で施主様がリアルなお話をしてくださいます。


詳しくはホームページで!
http://hachimura.jp/event3.html
 
『いつかはマイホーム!』って方もご参加大歓迎です!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

コメント

非公開コメント

はちむら みつる

はちむら工務店2代目
八丁設備
はちむら建築設計事務所

施工エリア:和歌山県&新潟市
田辺市・上富田町を中心に
南は新宮市、北は大阪まで!

新潟県新潟市も行きますよ!
設計・施工まで!!

設計は全国対応!
全国優良工務店様紹介します!

仕事内容:
新築(木造・鉄骨・鉄筋コンクリート)
リフォーム(水廻り・外壁塗装・屋根・電気工事等)
エクステリア工事
太陽光発電
水道工事
電気工事
その他・・・
お気軽にお問い合わせください     

+o。。o+゚☆゚+o。。o+

資格

2級建築士
宅地建物取引主任者
給水装置工事主任技術者
第二種電気工事士
防腐防蟻剤認定施工士
木造住宅耐震診断士
・・・etc

+o。。o+゚☆゚+o。。o+

リンクフリー
おねがいします┏○ペコ

+o。。o+゚☆゚+o。。o+

※当ブログに掲載されている画像、文章等の無断転載はご遠慮下さい